梶山珈琲 ホーム » スポンサー広告 » 珈琲 »メキシコの事

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

メキシコの事  

なんだか久しぶりに珈琲豆の事などでも。(笑)



これは注文のあった豆。本文とはな~んの関係もありません。
001_201403202348189ef.jpg 

今月の頒布会は、メキシコの珈琲
を取り上げようと思っています。
メキシコは久しぶりなんですが、以前(かなり前だなぁー、20年
以上前か?もっと前だぁ~。)よく焼いた記憶があります。まだ
インターネットがない時代で、ニフティサーブでコーヒーフォーラ
ムなんてのをやっていた頃ですね。パソコン通信って言われてた
わ。←歳がバレバレだね。

その頃はいろんな国のコーヒーを焼きたくて、片っ端から焙煎して
いました。んで、ある時こんなのがあるよって手に入ったのが、
メキシコの生豆でした。見た目はあまり良くなく、粒も揃っていな
いし、感想度合いもバラバラだったような記憶があります。^^;

でもね、生豆の香りがとても鮮烈で、手に持ってみるとズッシリと
手応えがあって・・・。焙煎したくてしょうがない病だった私は、
即効で焙煎し、生豆の反応と焙煎の香りや煙等を楽しみ、色々な
焙煎度合いを楽しんだ記憶があります。とても甘みがあって、
良質なコーヒーでした。

テスト焙煎は手網で焙煎したっけ。

メキシコの農園指定豆で、ドイツ系の商社から手に入れた豆だった
のですが、農園の名前はメルセデスだかベンツだかという名前でし
たけど・・・。今となっては思い出せない。^^;

その頃からドイツ系の商社は大好きで、見た目よりも味を大事に
選んでいるのが分かりましたから。日本はというか、世界的には
珈琲豆は粒の大きさと不純物(石とか木の枝等)の無さや豆の形
とかツヤ等で等級が決まっていて、味では無いんですよ。もっと
も取引の時にはカップテストもするので、味のチェックも当然し
ていますけど。

ふと気が付くと、とんでもなく長い昔話になりそう。ぢぢぃに
なった証拠だね。

ま、そんな訳で(どんな訳だ?)今月はメキシコを焼きます。^^
他にもメキシコの話は結構あるのですが、長い文章になると読む
のも書くのも大変だから、気が向いた時にします。

久しぶりの再開だから、今から楽しみ。


スポンサーサイト

category: 珈琲

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kajiyamacoffee.blog93.fc2.com/tb.php/160-95aa8677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来てくれてありがとう

フリーエリア

アルバム

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。